無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月18日 (日)

小さな訪問者

長い間同じところで仕事をしていると,ちょっとした変化や気配が違うことに気がつく。先日、いつものように治療していると入り口のドアが小さな音を立てて開いたような気がした。気のせいかなと思っていると待合室に人の気配がする。予約している次の患者さんではないと直感でわかった。誰かいるのだが、それが小さい人の気配なのである。治療の手を止めて待合室を覗いてみると小さな女の子が立っていた。「南富山まで来ちゃった。」不安げに言葉を発しているのは見たことのある顔だ。患者さんの娘さんである。何回か治療について来ていたので、顔なじみだ。どうやら、学校の帰りに電車に乗っていて寝過ごして南富山まで来てしまったらしい。来たことない場所だったが、近くの風景をみて母親について来たことのある治療院の建物が目に入って、助けを求めて来たというわけだ。頭のいい機転のきく女の子だ。お母さんの携帯電話の番号が判ったのですぐに電話をして迎えに来て頂いた。長い間治療院をやっているといろいろなことがあるものだ。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »